【アニメ】「キャロル&チューズデイ」のOPテーマやEDテーマをまとめて紹介!

4月より放送開始となっているTVアニメ「キャロル&チューズデイ」。1話目から独特な世界観と魅力的な音楽で注目を集め、今期のアニメの中でも非常に高いクオリティを誇っている。

今回はそんな「キャロル&チューズデイ」のオープニングテーマ「Kiss Me」とエンディングテーマ「Hold Me Now」を紹介する。

オープニングテーマ「Kiss Me」

TVアニメ「キャロル&チューズデイ」のオープニングテーマは、シンガーソングライター・JQのプロデュースをによるNulbarich(ナルバリッチ)が手掛ける「Kiss Me」。もちろんボーカルを務めるのは、世界規模のオーディションで選び抜かれたナイ・ブリックス(キャロル)とセレイナ・アン(チューズデイ)。日本以外の視聴者も意識しているようで、世界での注目を集めつつあるようだ。

「Kiss Me」を提供したNulbarichさんは、アシッドジャズを軸にエモーショナルでポップなサウンドが特徴的。固定メンバーはボーカルのJQさんのみとなっており、状況に応じてメンバーが変更される一風変わった編成となっている。

「Null(何もない)」けど「Rich(満たされている)」。

オシャレなJQさんの個性を感じるバンド名。相反する言葉で音楽への思いを語ったようだ。

シングルの発売は2019年5月29日に決定しており、エンディングテーマ「Hold Me Now」も同時収録されている。

<収録内容>
1.Kiss Me 作詞/作曲/編曲:Nulbarich
2.Hold Me Now 作詞/作曲/編曲:Benny Sings
3.Kiss Me TV size ver.
4.Hold Me Now TV size ver.

<価格>
【CD】1,300円+税
【アナログ盤】2,000円+税

エンディングテーマ「Hold Me Now」

TVアニメ「キャロル&チューズデイ」のエンディングテーマは、Benny Sings(ベニー・シングス)さん書き下ろしの「Hold Me Now」。こちらの歌唱もナイ・ブリックス(キャロル)とセレイナ・アン(チューズデイ)が担当。

オランダのポップ・マエストロの名で知られるベニー・シングスさん。現在ではソロ活動のみならず、日本でも多くのアーティストの作曲を手掛けているようだ。

曲調としては、70~80年代を彷彿させるレトロな明るいメロディが特徴的。様々な感情をのせたなめらかな音楽に、喜劇を楽しんでいるかのような特別な空気感を作り出してくれる。今回もキャロルやチューズデイにピッタリの、非常に親しみやすいキャッチ―なメロディとなっている。

最後に

シングルとは別に、TVアニメ「キャロル&チューズデイ」の劇中歌を収録した「VOCAL COLLECTION vol.1」が2019年7月10日に発売される。

キャロル&チューズデイ、アンジェラ、スキップ、クリスタルなどのアニメを彩るキャラクターたちが歌唱。作詞作曲は国内外問わず数多くのアーティスが担当しており、本格的な劇中歌が楽しめる内容となっている。

アニメ・音楽界に新たな旋風を巻き起こすTVアニメ「キャロル&チューズデイ」。

2019年8月11日には、ナイ・ブリックスとセレイナ・アンによる「キャロル&チューズデイ」 LIVE ~The Loneliest Girl~の開催も決定している。

今後も国内外問わず、どのようなファンの声を引き出すのか。放送に合わせ音楽情報にも注目しつつ、TVアニメ「キャロル&チューズデイ」を楽しんでいきたい。




1日15円で最新作も見放題
アニメを無制限に見まくる方法

違法サイトやレンタルショップ、動画配信サービスを利用しているそこのあなた。アニメを1日15円で旧作から最新作まで見放題で楽しめる方法を教えちゃいます。