dTVの評判は?1年以上契約して見えた本当のメリット・デメリット。

dTV メリット デメリット

dTVは月額料金が500円(税抜き)で、120,000本以上の作品が楽しめる動画配信サービス。

今回はdTVの評判をはじめ、利用者が本気で語るメリット・デメリットについてぶっちゃけていきたいと思います。

長い間利用していると見えてくることって、思いのほか多いんですよ。

低額のわりには悪くないものの、低額ゆえの物足りなさといいますか。

そのあたりを包み隠さずお伝えしていきますね。

ゴリラでもわかるdTV

まずはdTVの基本情報から紹介します。

月額料金500円(税抜き)
作品数120,000本以上
ジャンル映画、ドラマ、アニメ、音楽、オリジナル番組
ダウンロード機能
無料期間31日間
同時視聴×
対応デバイスTV、PC、スマホ、タブレット

注目してほしいのは、月額料金と作品の配信数の部分。

月額500円(税抜き)で、120,000本以上の作品が楽しめるdTV。

さらには幅広いジャンルを楽しむこともでき、まさにコスパ最強の動画配信サービスと評したくなりますね。

ただいきなりぶっちゃけますけど、私的には見たいと思える作品が少ないように感じました。

端的にいえば”質より量を求めた“というのがdTV。

意外とレンタル作品も多かったりするんですよ。

利用者が本気で語るdTVのメリット

dTV 評判

初っ端からいきなりぶっちゃけましたが、それで評価を下げてしまうのは早計です。

実はdTVにもメリットいえる特典がいくつか存在します。

利用者の評判と私の感想を中心に、本気で語っていきますね。

月額料金500円という驚きの安さ

何度も言いますが、dTV最大のメリットといえば月額料金ですね。

他社の動画配信サービスと比較しても、圧倒的に安いんですよ。

比較一覧は以下の通り。

動画配信サービス月額料金(税抜き)
dTV500円
U-NEXT1,990円
Hulu933円
Netflix・ベーシック800円
・スタンダード1,200円
・プレミアム1,800円
FODプレミアム888円

これでdTVの安さは一目瞭然です。

dTV以外で最も安いのは、Netflixのベーシックプラン。

こちらは動画の画質がSDしか選べないんですよね。

私もNetflixはベーシックプランから始めたのですが、見れたものじゃないのですぐにプラン変更しましたから。

その点dTVでもSD画質はあるものの、多くがHD画質なので心配ないでしょう。

配信数は120,000本以上

なんとdTVでは月額500円にも関わらず、120,000本以上の作品が見れるんですね。

そのため他社の動画配信サービスでは見ることのできない、古い作品やマイナーな作品まで楽しめます。

韓流ドラマの配信数なんかも多いですね。

こちらのジャンルはHuluやNetflixでも少ないため、この低価格で楽しめるというのは非常に心強い。

またオリジナル番組も豊富なdTV。

バラエティ番組が結構面白く、暇つぶしに最適なんですよ。

音楽コンテンツが豊富

dTV 音楽

コンテンツ面での最大の強みといえば、圧倒的な配信数を誇る音楽ジャンルですね。

その数なんと20,000本以上

プロモーションビデオ、ライブ映像、カラオケなどなど。

例え好きなアーティストが居なくとも、ついつい楽しんじゃうんですよ。

また”プレイリスト“という機能を使えば、作業用のBGM選択にも困らない。

“ワンピース主題歌”や”夏フェス特集”ということで、様々な楽曲を自動で再生してくれるんですね。

意外と便利な倍速機能

dTV 倍速機能

あると嬉しい倍速機能

コレが対応している動画配信サービスって結構少ないんですよ。

再生速度は”標準・1.5倍・2.0倍”から選択可能。

見放題になるとサクっと見ちゃいたい番組も結構ありますからね。

うちの母親なんてしょっちゅう1.5倍速で洗濯物をたたみながら韓流ドラマを見てますよ。

ドコモポイントのプレゼント

dTV ポイント

dTVでは会員のランクに合わせて、毎月dポイントがプレゼントされます。

ランクといっても契約期間での分類です。

決して「有料作品を買いまくれ!」とかではないので、ご安心ください。

倍率こそ低いですが、知らない間に5,000ポイントも当たってれば、めちゃんこ嬉しいですよね。

来月の携帯料金を浮かせることができるんですから。

31日間の無料期間

dTV

dTVでは31日間の無料お試し期間が実施されています。

この期間中に見たい作品を見尽くし解約すれば、月額料金は一切発生しません。

31日間も利用すれば、自然と良い面・悪い面が浮き彫りになりますからね。

調べることも大切ですが、実際に使ってみることの方がもっと大切だと私は考えております。

dTVの登録について詳しくはコチラ

dTVだけのお得な特典

dTV 特典

他社の動画配信サービスでは受けられない、dTVだけのお得な特典もあります。

主な特典

・dTVプレミアムイベントへの招待

・オリジナルグッズのプレゼント企画

・最新映画のオンライン試写会

オリジナルグッズや試写会なんかは、ファンにとっては嬉しい限りですね。

私は欠かさずアニメグッズのプレゼント企画に応募していますよ。

利用者が本気で語るdTVのデメリット

dTV 評判

コスパ最強と言われるdTV。

しかし低額には低額なりのサービス面があるというのも事実。

そのあたりも利用者の語る評判と私の感想を中心に、本気でぶっちゃけていきますね。

少し画質が物足りない

dTV デメリット

メリットの部分でHD画質が増えていると紹介しました。

しかしそれでもまだSD画質の作品があるんですよね。

その点に関して、他社の動画配信サービスだとHD画質で見れる作品もあるため「それならあっちで見るわ」となっちゃうわけです。

HD画質に対応できる作品は、迅速に対応してほしいところです。

同時視聴ができない

dTV デメリット

同時視聴はできないdTV。

正直この価格で同時視聴ができないというのは妥当なサービス。

しかしdTVでは端末登録が最大5台までなんですよ。

他社の動画配信サービスって、基本的に制限がないんですよね。

パソコン・スマホ・タブレットと繋いでしまえば、既に3台も枠が埋まってしまいます。

家族で使えるサービスなのに、これでは少し面倒です。

支払い方法が少ない

dTVは支払い方法が少なく2通りしか選べません。

dTVの支払い方法

・ドコモケータイ払い

・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

ドコモユーザー以外はクレジットカードしか使えないんですよ。

U-NEXTやHuluだと支払い方法は非常に豊富。

こちらも選択肢を増やしてほしいですね。

ゲーム機で利用できない

dTVをテレビで見ようとした場合、ゲーム機は利用できません

そのため”Google Chromecast”や”Amazon Fire TV”といった別の機材が必要となります。

他社の動画配信サービスはゲーム機対応のところも多いため、こちらも対応を急いでほしいところ。

どうしても細かな部分でデメリットが出てきちゃいますね。

【必見】dTVの評判やメリット・デメリットまとめ

以上がdTVの評判やメリット・デメリットの紹介になります。

最後にdTVの特徴をまとめておきます。

dTVの特徴

・月額料金が500円(税抜き)と格安

・総配信数は120,000本以上と圧倒的

・オリジナル番組が豊富

・中でも音楽ジャンルが激強

・dTVだけのオリジナル特典もあるよ

月額500円で120,000本以上の作品が楽しめるdTV。

コスパ最強と評されることも多いですが、低価格なりのサービスということを忘れてはいけません。

とはいっても実際に利用してみないと、本当の善し悪しはわからないもの。

そのための無料お試し期間です。

万が一気に入らない場合も、期間中に解約すれば一切お金はかかりません

是非この機会に試してみてはいかがでしょう。

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。




1日15円で最新作も見放題
アニメを無制限に見まくる方法

違法サイトやレンタルショップ、動画配信サービスを利用しているそこのあなた。アニメを1日15円で旧作から最新作まで見放題で楽しめる方法を教えちゃいます。